上昇ブログ

people for the living

パターの基礎

パターの基礎

ゴルフレッスン「パターの基礎」を受けてきたので、公開しちゃいます。

以下の5つのポイントで構成されている

  1. 構え
  2. テンポ
  3. フェイスの向き
  4. スイートスポット
  5. 軌道

構え

腕の四角形を崩さないように構える
腰をグイっとあげて構える
ボールの置き方は、ズバットを見ながら真っ直ぐになるようにボールを置く
左目の真下にボールを置く
ボールの置き方も一つの技術である!置き方を工夫して、目標に対して真っ直ぐ立てるようにする。

テンポ

スマホアプリなどのメトロノームを使って打ちリズム良く打てるように練習する
テンポ数は65くらい
ちょうど穴に入る強さで打つ

フェイスの向き

フェイスはバックスイングもストロークもフェイスが真っ直ぐを向いていること
ドライバーやアイアンのように、フェイスの向きは変えてはいけない

スイートスポット

箱を使って箱を通るように真っ直ぐストロークする練習

軌道

距離の半分の位置で一度素振りをしてから、本来の位置で構えると軌道良く打てる
この際、バンカーで打つ前にクラブを砂に付けてはいけないのと同じで、グリーンにパターが付いてはいけない

まとめ

芝の速さの単位はフィート